2018年4月24日



椅子の笠木を木取っていたら、表面には無かった傷が現れました。
傷を何とか逃がせないかとあれこれと試しましたが、やはり真正面に出てきます。
勿体ないナ、と思いながら材料を差し換えることにしました。

何でも自然の素材を相手にしていると現れる材料の不均一さ、歩留まりの悪さ。
そこではじかれた材料の事を思うと少し胸が痛みます。

「仕様がないよ。まァ、俺たちの仕事はそういう事の上に成り立ってんだ」

昔の職人友達の言葉が、やけに胸に響きやがる。




2018年4月16日

間仕切り収納



藤沢市・本鵠沼の住宅に間口3m × 高さ2,4m × 奥行き65cmの間仕切り収納を
製作・納品しました。材料はシナ合板。

10年前に建築家 根岸正典さんの設計で住宅を建てられ、竣工当時、予算の都合で
製作を見合わせていた子ども部屋の間仕切り家具を、子どもの成長に合わせて
製作することになりました。
男の子の2人兄弟ということもあり、家具の背板全面に防音用のプラスターボードを
挟み込み、間口半分を両面本棚収納、残り半分はクロークとその他の片面収納に
する構造です。




家具が大きい上、ボードの重量も加わり、作業場や現場での取り回しに
苦労しましたが、三方綺麗に納まり安心しました。

思春期に自分の個室を初めて与えられた時、自分専用の秘密基地ができたようで
非常に嬉しかった事を思い出していましたが、この部屋の主も相当よろこんで
くれたようです。
全身から喜びが溢れている男の子を見て、こちらも嬉しくなりました。



家具設計 「根岸正典・計画工房」
      神奈川県藤沢市市川名2-1-2-4F
      0466-27-0432





2018年3月11日

0,8mm



昇降盤用のチップソーは、通常刃厚3mm、薄くても2mm程度。
今回故あって、道具屋さんに一番薄いチップソーの相談をすると
建具の組子用が刃厚0,8mmだという。

ホビー用丸ノコの刃で0,5mmは見た事があるが、本職用でまさか
こんな薄い刃があるとは意外だ。
必要に迫られていた上、好奇心も手伝って一枚購入した。

家具職と建具職、木工同士すぐ隣にある仕事なのに、ノウハウも
使う道具も結構異なったりする。




2018年2月23日

シナ収納一式



葉山カスパールに続いて、建築家 根岸正典さんの設計した新築住宅に
収納家具一式を製作しました。

リビングに4,9m × 1,4mのTV台・本棚を、洗面所には栗材天板を使用した洗面台、
玄関に1,6m × 0,9m の下駄箱を取付けました。



家具のつまみと洗面台の手水鉢は、陶芸家であるクライアントの製作です。









北東2面の抜けた、気持ちいい高台に建つ今回の建物。
陶芸家と彫刻家夫婦のアトリエを兼ねた住居、2人の選んだ
建物の外壁色のテーマは 「さつまいも」!
隣を見ると、苦笑いした設計者が立っていました。



建築設計「根岸正典・計画工房」
神奈川県藤沢市市川名2-1-2-4F
0466-27-0432








2018年2月13日

ミニチュア



テーブルや椅子など脚もの家具を製作する場合、だいたいの場合
プロポーション検討用に1/5の模型を作ります。
クライアントとの打ち合わせ時、図面やスケッチではなかなか
判らない・伝わらない雰囲気などが検討しやすくなります。

・・・なんて云いながら、実はこれを作っているときが
一番楽しいのだ。




2018年1月30日

2018 だるま市



今年も工房近くのだるま市へ出かけました。
普段は歩いている人も少ない街なのに、両脇にテキ屋の並ぶ狭い参道は
人いきれでごった返し。
片田舎で開催されるゆえ、昔ながらの縁日そのままの雰囲気。
人の波をかき分けかき分けたどり着いた不動尊の境内では、一年のお役目を終えた
だるまが山になっています。

あんな顔、こんな顔。
どんな願いが叶ったんだろう。

今年も一年おきばりやっせ。新しいだるまを抱えて帰路につきました。





2018年1月10日

ハイバックチェア張り替え



寒中お見舞い申し上げます。
昨年末からのハイバックチェアの張り替えが完了しました。
柄合わせ無しでお客さまが選ばれた裂地での張り替えですが、
ハッと目をひかれる華やかな椅子に仕上がったと思います。

今回のような張りぐるみの椅子の張り替えは久しぶりで、クッション材
の補充やダブルパイピング(二本玉縁)の縫製など勘所を思い出しながらの
作業でした。
それでもキャリアをスタートさせた頃から好きだった古い椅子の張替え。

作業を進めるのは非常に楽しい時間でした。